旦那の浮気の仕返し・復讐を徹底的にするなら・・・

旦那の浮気の仕返しには、何がいいのでしょうか?

アンケートによると、浮気相手と二度と会わせないや、浮気相手から慰謝料を取るなどのものよりも、旦那に慰謝料をたっぷり請求して離婚するというものが多かったです。世の中、お金で結婚している女性が多いとは感じていましたが、ここまでお金かと思うと男性としては少しショッキングな部分もあります。

さて、慰謝料を請求するとなると、きちんとした浮気の証拠が必要になります。証拠集めと言えば、探偵事務所や興信所ですね。しかし、費用はどうしてもかさみます。オススメは探偵事務所に依頼することですが、ここでは、探偵を雇わず、盗聴器や発信機などというものも買わず、身一つでできる浮気調査の方法に尾行がありますのでご紹介します。

自分で浮気調査をしたいと考えたときに、その中心としていきたいのが尾行です。

尾行の基本は相手に気付かれず、後をつけて行動を監視することにあります。相手がフリーな時に何をしているのかを探る方法ですので、気付かれている尾行は意味をなしません。

自分の後ろをこそこそとつけて回る人間を、好意的に思う人もいませんので、むやみに好感度を下げてしまわないためにも、相手からは十分に距離をとって視界に入らないように尾行します。

探偵の尾行と違って、難しいのはこちらに相手との関係がある点です。見知らぬ人間の姿を行く先々で見たところで、つけられているのではないかと意識することはあまりありませんが、自分のパートナーに似た人がいれば、不審に感じていなくても目がいきますし意識されやすくなります。

それを防ぐためには、多少の変装が必要になるでしょう。スポットによって目立たない服の傾向を考えつつ、帽子やメガネやマスク、体型を隠すゆるめの上着などを着て対処するのがおすすめです。

一度の尾行で、相手の目的地を無理に突き止めることはありません。浮気ならば尾行がばれない限りは、その先何度でも同じ状況は巡ってくるはずですので、見失ったときは無理をせず、現在地を記録して次回の尾行に活かします。

尾行して浮気相手との密会を目撃できたときは、その様子を撮影しておくのが吉です。逆切れやごまかしをされかねないのでその場での接触は避け、証拠集めに尽力しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です